九州医療スポーツ専門学校 卒業生 元フィギュアスケート小塚崇彦選手・フィギュアスケート宮原知子選手・関西大学濱田チーム帯同トレーナー「出水トレーナーのデミ〜ジャ〜ナハナシ」

出水トレーナーのデミ〜ジャ〜ナハナシ
11月アーカイブ
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2018.11.12ブログ
    グランプリシリーズ

    第1戦→グランプリカナダ大会

    ショートプログラム

    初めて聞いた言葉「油断」

    そこから

    フリープログラム

    悔しさからの

    メンタルも全てこの演技にもっていく

    エネルギー!!すごい!

    優勝したけれど、

    そこから生まれた課題。

    第2戦→グランプリ日本大会(NHK杯)

    ショートプログラム

    前回の課題はクリアした!

    が、

    4Tで、回りすぎて!

    フリープログラム

    前回大会のフリーと

    今回ショートの課題をクリアする為に

    チャレンジ!前回フリーの体力課題は、

    日々の練習とメンタルでクリア(^ ^)

    そして、1本目の4Tクリア!

    2本目4T-2Tが…。

    ラストの3S-3T…(°_°)

    質の高い練習は、決して裏切らない。

    日々宇野選手の練習の取り組みをみてるから

    こそ、満足のいく演技をして

    選手の笑顔がみたい。

    優勝したけれど、

    生まれた課題。

    演技という要素が入っている事も

    フィギュアスケートの特性。

    簡単に変えれそうなことが、そうでない。

    そこを少しでもサポートできる

    トレーナーになりたい!

    ※良い子は真似しないようにね。

    足を乗せてはダメやぞ!と思いきや、

    V字腹筋か!?


    ページトップへ