九州医療スポーツ専門学校 卒業生 元フィギュアスケート小塚崇彦選手・フィギュアスケート宮原知子選手・関西大学濱田チーム帯同トレーナー「出水トレーナーのデミ〜ジャ〜ナハナシ」

出水トレーナーのデミ〜ジャ〜ナハナシ
12月アーカイブ
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年8月
  • 2020年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年4月
  • 2019年2月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2021.12.27ブログ
    Next Stage

    全日本フィギュアスケート選手権大会

    トレーナーとして初めて帯同したのは

    2013年の

    第82回 全日本フィギュアスケート選手権大会でした。当時は小塚崇彦選手に帯同

    この時も埼玉スーパーアリーナ(^。^)

    さらにソチオリンピック選考の時だった!

    2013年度は、トレーナー帯同としてこの時の悔しさや経験があるから、今があるなぁと思い返してました。

    2013年から選手のお陰で、私にとって9回目の全日本フィギュアスケート選手権大会!

    毎年、沢山のドラマがある舞台(^-^)v

    今年は〜!?

    全日本入りの4日前に…1本の電話。

    応急処置とやるべき事を伝え、「明日の朝から移動してそちらに行くから大丈夫。早く治して、試合に挑みたいからね!」

    と伝えケアへ!

    幸いにも踵腓靭帯断裂も軽症、骨挫傷も重度では無かったけど、通常は全治2〜3週間。

    今期は、靴が柔らかい物にしているので、元々リスクがあるのと、足首、足の指の力を活用する為に週3回の地道な足首の為にトレーニングを継続していたお陰もあって、

    重度な損傷にならかった!

    やはり継続は力なりですねー٩( ‘ω’ )و

    選手の試合に出たいという強い想いもあり、驚異的な治癒力が生まれ、全日本という場所にまたこうして立つ事ができました。

    結果としては2位で

    北京オリンピック出場にも決定*\(^o^)/*

    強い想いというのは、本当に大切だと改めて実感しました。


    ページトップへ